S24 / Shop

HeadwayHD-180 1934 Cuban Mahogany

MIKI GAKKI

百瀬恭夫氏(Headway)と弊店とのコラボレーションモデル。コアなビンテージギターファンの心をも鷲掴みにするマニアックなスペックに仕上げたカスタムギターです。14フレットジョイントが誕生した、マーチン社にとってもターニングポイントとなった1934年に着目したスペシャルな一本です。トップにはスタイル18思わせるワイルド目な杢で色白なアディロンダックスプルース、サイド&バックには均一で鱗の様な杢の出た極上キューバンマホガニーを使っています。ワンピースキューバンマホガニーネック、エボニー指板&ブリッジ、象牙ナット&ロングサドル、ウェバリー1129ペグ、30sスタイル・ベッコウセルピックガード、べっ甲柄セルロイドバインディング、1934スタイル・スキャロップド・エックスブレイシング、エボニーロッド、ラッカーフィニッシュ。このギターは1934年製のマーチンに倣い、最初期のエボニーネック芯やオープンバックペグ、44.5mm幅ネック、トップ構造にD-18やD-28にも共通する1934年式の幻のブレイシングパターンを再現しました。数々のカスタムギターを手がけてきた百瀬氏にとっても新鮮なディテールです。鉄製ロッドと比較すると、エボニーを加工したロッドはウォームながらにしっかりとした響きが特長。キューバンマホの倍音豊かで、かつ分離の良いマホサウンド、トーンバランスの良さやレスポンスの速さ&太さは百瀬氏の真骨頂です。楽器全体の重量バランスで持ち心地もベリーグッド。新しい楽器とは思えないくらい落ち着いた音がします。レンジが広く、ファットで、とにかく圧倒的なボリュームです。洗練されており、ドレッドノートに期待したい要素と、夢が満杯に詰め込まれたパワフルなサウンドのギターができ上がりました。"日本人が創る、Martinに迫るDreadnought"。すべてのアコースティックギターファンの方へお勧めする自信作です。 

その他のMIKI GAKKI出展商品

その他のアコギ/エレアコ出展商品

PAGE TOP