S13 / Shop

g7 Specialg7-TL-1952 Type1 Relic "1952 Blonde"

ジーセブンギターズ

g7-TLの新作は1952TLをイメージした雰囲気のある一本。

エレクトリックソリッドギターのファーストモデルと言える1952テレキャスターは、今の時代においてもなお色あせる事なく、そのまま即戦力で使用出来る完成度を誇ります。
本機はそんな歴史的なモデルに敬意を払いながらも、独自の視点、センス、技術を盛り込む事により1952年TLの魅力をしっかりと残しながらも現代の音楽性によりマッチさせるというコンセプトで製作されました。

ボディーには超軽量のアッシュ2P、ネックにはハードロックメイプル1Pというシンプル極まりないウッドスペックですが、故に素材そのもののクオリティは勿論のこと、素材同士の相性も非常に重要となります。誤魔化しの効かないセンシティブさは作り手にとっても非常にハードルが高く、同時に作り甲斐のあるモデルと言えます。
特に本機に採用されたのはVintage Maniacsの新作PUであるHystericTL 50s。まだ市場にも出回っていない希少なPUですが、余計な味付けの無い、それでいてクリアで太くツワンギーなトーンは楽器鳴りに大きく左右される為、かつてない程にリアルなトーンを出力してくれます。

アッシュ+メイプルらしい艶っぽくブライトなエッジ感は勿論魅力ですが、その上で全く耳に痛くない太いトーン。PUの出力ではなく、鳴りによってもたらされる本当の意味での太さには豊かなボトムエンドが備わっており、エッジを心地良く感じさせます。それでいて和音時にもダンゴにならず、見事な分離と良い意味での雑味がスパイスとなり雰囲気のあるテリートーンを生み出します。
クリーンやクランチでは適度な枯れ感もしっかりと味わう事が出来、わざとらしい上品さなどは無く、それでいて泥臭い上質なサウンドであるのは驚きの結果ではないでしょうか。

そういったヴィンテージライクなトーンとは裏腹に指板は305Rを、そしてフレットはミディアムジャンボを、ブリッジにはブラス3コマでありながらも正確なオクターヴピッチをセットアップ出来るWT3をそれぞれ採用し、現代の現場において求められる要素を確実にフォローしている事がポイントです。

カラーは当時のブロンドで、経年変化であるラッカー焼けや歴戦の傷までも再現したリアルなレリックで仕上げました


リアルヴィンテージなトーンと雰囲気のあるビジュアル、それと同時に現場主義のプレアビリティーを実現した意欲的な一本となりました。この個体ならではのパンチのある豪快な鳴りをご堪能下さい。


3.17kg
wギグバッグ

その他のジーセブンギターズ出展商品

その他のエレキギター出展商品

PAGE TOP