S03 / Shop

Martin【大阪サウンドメッセ出品予定商品】D-41 Vintage 1979 【1979年製】

ギタープラネット

近年より価値が高まっているD-41の極上ヴィンテージです。

---------【Sound Messe in OSAKA 2019】----------

※当該商品は、2019年5月11日(土)、12日(日)に大阪で開催される『サウンドメッセ』会場にて出展販売を予定している商品です。
(詳細はサウンドメッセWebサイトをご覧下さい。)サウンドメッセホームページ

※通信販売につきましては通常通り承りますが、商品発送はサウンドメッセ終了後となります。あらかじめご了承くださいませ。
発送予定日、ご購入に関する詳細につきましてはお気軽にお問い合わせくださいませ。

※イベント出品予定商品の為、ご検討を理由としての当該商品の事前お取置き、ご予約は原則承れません。
ご購入確定のお申込み、及びご決済完了確認後のみ展示会場にて商品をHOLD致します。

※在庫状況の情報更新は迅速を心掛けておりますが、混雑状況によりタイムラグが発生することがございます。
また、インターネット・ブラウザのキャッシュによって更新以前の情報が閲覧出来てしまう場合がございます。予めご了承下さいませ。


【当日ご来場を予定されている客様】
こちらの商品は通販サイトでの販売も通常通り承っておりますため、事前にお申込みがあった場合、会場ではご覧いただけない可能性がございます。ご迷惑をお掛け致しますが予めご了承くださいませ。
在庫及び販売状況につきましては、ご来場前にお問い合わせを頂くことをお勧めいたします。
※直接店舗へお問い合わせくださいませ。

【商品の発送について】
当該商品はサウンドメッセ会場にて展示販売を行います為、発送まで時間がかかる可能性がございます。
できる限り迅速を心掛けておりますが、イベント終了後の発送となることも御座いますので、あらかじめご理解、ご了承下さいませ。

----------------------------------------------------------------

 Martin D-41 1979年製

 1969年から生産が始まったD-41.
製作開始から1974年まではジャーマンスプルーストップからシトカスプルーストップになり、より煌びやかで心地の良いサウンドが魅力的な年代になります。
1979年製まではゴールドタイプのグローバーペグを使用しており、1980年よりシャーラーペグとなりますため、この1979年までの年式は人気があります。

 40番台の特徴であるアバロンインレイ。
この年式のロゼッタとボディーのパーフリングも全てソリッドアバロンインレイです。近年製のようなに明るいギラギラではありませんが、深みのある輝きを放ちます。

 シトカスプルーストップ、サイドバックはインディアンローズウッド。憧れのMartin縦ロゴで指板及びブリッジはエボニーです。ナット幅は約43mmで、SQネックならではのやや握り応えのあるCシェイプネックです。ノンスキャロップブレーシングならではの、煌びやかサウンドながら音の芯がしっかりとしており、近年製にはない枯れたローズウッドサウンドが特徴です。

 楽器の状態としては、年式を考慮しますと素晴らしいコンディションと言えます。
ボディはオリジナルフィニッシュで、キズなどはございますが全体的に美品と申し上げて差し支えないです。
弦高のセッティングは、12フレット上で6弦側が約25mm、1弦側が約20mmの理想的な数値であり、ネック状態も良好でネックアングルも問題ありません。ピックガードは交換されており、オリジナルと同じような厚みのものに交換されています。経年による塗装の痩せなどありますが、全体的に素晴らしいコンディションです。

オリジナルのブラックハードケース付きです。

■全国通信販売も承っております。
■代金引換配送、銀行振込、現金書留、クレジットカード、ショッピングクレジット(分割)など各種対応いたしております。お気軽にご相談ください。
■商品の情報更新にはタイムラグが生じる場合がございます。売り切れの際は何卒ご容赦ください。

その他のギタープラネット出展商品

その他のアコギ/エレアコ出展商品

PAGE TOP