S22 / Shop

Pedal diggers819 Sound Messe 2017 Limited

サウンドメッセ2017当日に 当店Rock Labelでのみ ご購入いただける819オリジナルモデルの製作が急遽決定!!

従来品からのカスタム内容は

・筐体のカラーをキャンディアップルレッドに変更
・3wayクリッピングSWを搭載(記念モデルの819 twinと同様)
・配線材をウエスタンエレクトリックビンテージワイヤーに変更
・LEDは高輝度ホワイトに変更

3wayのクリッピングSWは、基となったPedalman(ランドグラフ) 818(オリジナルはTS、ダンブル、マーシャルモードと言われています。)と同様の切り替えです。
(下)819(TS)・・・819と同様の音色。シリコンダイオードによるTS系サウンド。
(中)ノンクリッピング・・・一番音量が大きく歪み難い。より忠実にピッキングニュアンスをアウトプット。
(上)LEDクリッピング・・・他2modeの中間的キャラクター。ザクッとしたBRITアンプ風の歪みが得られます。


神戸にてビルダー1人によりハンドメイドで製作されるPedal Diggers。
かのジョン・ランドグラフにより59台のみ製作されたPedalman818のTSモードを元に独自のアレンジを加えたオーバードライブペダル。

一聴してわかる真空管アンプの様な暖かくファットでありながら、程良い倍音を備えた抜けの良い極上の歪みは、多くのTS系と呼ばれるペダルとは別次元にあります。単音はもちろん、和音で弾いた際も弦の1本1本が太くなった印象。しかしミッドが突出するわけでもなく、ワウ半留めのような鼻づまり感もありません。太さとクリアさ、コンプ感が絶妙なバランスで共存しています。

多くのTS系はギター側のボリュームを絞っても歪みが残りますが、この819はクリーンになります。つまりピッキングニュアンスにも忠実。
太さと僅かな歪みを加えるブーストセッティングから、ハードロック一歩手前、ブルースにも最適なファットなリードサウンドまでオリジナルよりも幅広いゲイン幅を有しています。またドライブのコントロールはエフェクターには珍しいクリックが付いており、ベストなセッティングをキープしやすくなっています。

セッションへ持っていく1台として、ボードの中枢を担うメインの歪みとして、JC対策として、既にプロミュージシャンの現場でその音質の高さは実証済です。



サウンドメッセ会場には2台ご用意しておりますが、3台目以降もご注文頂ければ、後日完成後にお送りさせて頂きます。

Specifications

Condition :New
Control :Gain(右), Tone(中), Level(左), 3-WayクリッピングSW
電源 :9V センターマイナスアダプターまたは9V電池
付属品 :箱、取扱説明書、保証書

その他のRock Label出展商品

その他のエフェクター出展商品

PAGE TOP