S04 / Shop

Preston ThompsonStyle D-18 Dark Vintage Sunburst Custom (2018)

Blue-G Corporation

ブルージーのショップオーダーで製作した、Style D-18 Dark Vintage Sunburst Custom!!
アディロンダックスプルーストップ、美しいマホガニーサイドバック!!
指板に45スタイルのスノーフレークスインレイ、ダークなヴィンテージサンバーストのトップカラーも美しく、とてもファンシーなD-18モデルが完成しました!!!!!今回の作品も、使われている木材のグレードが高く、素晴らしい雰囲気に仕上がりました。

トップはアディロンダックスプルース。木目の詰まった美しい材で、ダークなブラウンカラーに、べっこう柄のピックガードが印象的です。
戦前スタイルのStyle-18のロゼッタリング。白黒白のセルのトップパーフリングがすごく効いています。
トートイス柄のボディバインディングもシックで、ロングサドル仕様のベリーブリッジと、とてもレトロな雰囲気です。
サイドバックは上質なマホガニー!!トンプソンさんのストックしている材は、素晴らしく、縦のサシが走り、密度の高い素晴らしい杢目です。
特にバックは、美しいキルト模様のフィギャードが輝きます。
ネックも密度が高く、細かい虎杢のホンジュラスマホガニーが使われています!!硬質でコーンと響きます!!
ヘッドは、30年代風のスマートな形状で雰囲気抜群です。
黒いローズウッドのヘッドプレートは、サテン仕上げで、パールのトンプソンロゴが落ち着いた雰囲気で輝きます。
ウェバリーチューナーのエボニーボタンも渋いです。

指板も真っ黒いエボニーで、45スタイルのスノーフレイクスインレイが、色鮮やかに輝き豪華です。
手作り感のある切り出し方で、1フレットや5フレット目のスノーフレイクや、9フレットの雲のような骨のような真ん中のインレイなど味わい深く、ヴィンテージギターのような質感です。
ボディ内部のブレーシングは全てアディロンダックスプルースです。
トップのブレーシングは、Thompson Guitarsのオーダースペック表の名称で、Adovanced position XパターンのPre-War Scalloped X-Bracing Adirondackを指定。フォアードシフトのスキャロップブレーシング仕様です。
トップのタングブレーシングは無しを選んでいます。
戦前のカントリーミュージシャンの特注品をイメージさせてくれるような、素敵なモデルが仕上がりました!!
ハードケースも、ヴィンテージを復刻した、レトロなハープトーンケースなのが嬉しいです。
ナット幅44.5mm。
優しいソフトVネックでハイポジションまで、あまり厚味の変わらない演奏性の高いネックです。
軽快な反応で、ボリュームたっぷりの豪快な鳴り!!格弦の実音が太く、パワー感があります。
トップのアディロンダックスプルースならではの剛性、瞬発力のあるクリアな響きは、艶があり、懐の深い太いトーンです。
サイドバックのマホガニーも硬質でキリッとした印象で、倍音豊かなクリスタルな響きです。
強いタッチでのストロークにも余裕の反応。
接着にニカワを使った、自然なウッディな反応が心地よく、楽にボリュームを出せるので、フィンガーでも使いやすいと思います。
この素晴らしいルックスと、上質なサウンドで、ライブやレコーディングにバリバリ使っていただきたいギターです。
クオリティの高い、ドレッドノートをお探しの方にお薦めします!!強力な武器になると思います!!!!!!!!
お気軽にお問い合わせ下さい!! 

《 Preston Thompson 》
プレストン・トンプソンは1980年代にブルーグラス界の大御所Charles Sawtelleやピーター・ローエンが愛用したことで注目を浴びたベテランルシアーです。プレストンはチャールズ・フォックスの School of the Guitar Research and Design で製作の基礎を学んだあと、ナッシュビルの伝説のルシアー、ランディー・ウッドの Old Time Pickin'Parlor で腕を磨きました。そして以前から親交のあったブルーグラスの大御所 Charles Sawtelle の1937年D-28,1935年D-18,1929年OOO-45などを綿密に研究するチャンスを得て、それらの素晴らしいヴィンテージギターをもとに独自のギターを製作するようになりました。ギターの製作から長い間身を引いたプレストンは、多くのプレーヤーやギターファンの要望に応え2011年からギターの製作を再開し、2012年にオレゴン州シスターズに工房を構え新たにPreston Thompson Guitarの製作を始めました。彼のギターはブルーグラスの名手、ティム・メイやフラットピッキングギターマガジンの編集長、ダン・ミラーなどから絶賛され、本場アメリカのブルーグラス界で再び注目を浴びています。

その他のBlue-G Corporation出展商品

その他のアコギ/エレアコ出展商品

PAGE TOP