A07a / Acoustic A

大森 琢憲

日本マスターバイオリンメーカーズ

大森 琢憲
1983年大阪府大東市出身 中学生時代にチェロの演奏を始めたのがきっかけで音楽に興味を持ち、高校卒業後岩井孝夫氏のバイオリン製作学校で学ぶ。
2005年に製作卒業試験に合格。試験と平行して受注したバロックバイオリンの製作を行い卒業後は主にモダンビオラ及びビオラコントラルトの注文製作・5弦チェロの製作を手がける。
2012年クレモナ・トリエンナーレの製作コンクールにチェロ部門で参加、2015年にはバイオリン。ビオラ部門で参加。

関西弦楽器製作者協会 会員

PAGE TOP