S09 / Shop

HeadwayHJC-180 CTM

ドルフィンギターズ

ヘッドウェイ・ギターのチーフ・ビルダーである百瀬恭夫氏が製作する、カスタム・シリーズ。
本器は当店と百瀬氏が共同企画した、初のスピンオフ・ブランド、"Yasuo Momose"
本器はヘッドウェイオリジナル、ラウンドショルダー・ドレッドノート・スタイルでは初となるフローレンタイン・カッタウェイのHJC-180 CTM
ロゴ&ヘッド・シェイプ、フローラル・ヘッド・インレイはこの企画のためにデザインを一新、ロゼッタにはマグノリアとバイオレット・ウッドを組み合わせ、ワンポイントだけシェルを配し、シンプルながらも高級感のある質感を演出。
ジャーマン・スプルース・トップ、マダガスカル・サイド&バック、ホンデュラス・マホガニー1ピース・ネック、エボニー指板&駒、オリジナル・ウッド・ロゼッタ、フローレンタイン・カッタウェイ。
たっぷりとした深みと音像の大きさは上質なマダガスカル・ローズならではの響き。プレーン弦のコシのあるトーンはメロディが映え、フィンガースタイルでの説得力は抜群です。
ボディーサイズからくるストロークでのコード感あふれるサウンドも併せ持っており、ジャンル問わずバーサータイルにお使い頂けるお奨めの一本!
-百瀬氏コメント-
繊細なレスポンスながらも各弦が太くてパンチのある音質にしました。

その他のドルフィンギターズ出展商品

その他のアコギ/エレアコ出展商品

PAGE TOP