S04 / Shop

Linda ManzerThe Manzer Cutaway (1989)

Blue-G Corporation

世界で最も有名な女性ルシアー、リンダ・マンザーのギターが入荷しました。
TOPはヨーロピアンスプルース。杢目は均一に真っ直ぐ伸びており、経年変化で綺麗な色に焼けています。
S/Bはインディアンローズウッド。こちらは柾目の杢目で、素晴らしい材が使われています。
控えめでシンプルなヘッドには綺麗なローズウッドの付き板。チューナーはGotohの510に交換されています。
指板、ブリッジはエボニー。アイボロイドバインディングがある指板にはドットインレイの他に7フレットにカスタムインレイがあります。
このタイプの指板インレイは80年代のマンザーギターに良くあるパターンです。
ブリッジは交換してありますが、オリジナルと同じ形で綺麗に製作されています。
サウンドホール周りのロゼッタはアバロン貝とブラジリアンローズウッド、ボックスウッドで仕上げられています。
ボディのバインディングにはローズウッドが使われ、パーフリングも施されており、ウッディながら引き締まった印象があります。
消耗品は全て交換されていますが、その分しっかりとセットアップされています。
トップのセンターシームにクラック修理痕がありますが、現状は問題ありません。
過去にピックアップが付いていたようで、エンドピン穴が大きくなっています。
全体的に小傷や打痕がありますが、大きな致命的な傷はありません。
ナット幅43.6mm。ネックは薄く、ローポジションからハイポジションまでほとんど厚みが同じで、とても握りやすいです。
弾き込まれてきたギターのようで、とてもウッディで音抜けの良いサウンド。
インディアンローズウッドらしいふくよかで甘いサウンドながら音の芯もしっかりあります。
美しい倍音もしっかり出るのですが、とにかくスウィートでなめらかなトーン。聴いていてとても心地良いです。
ここまで耳障りの良いギターはあまり他に候補がないと思います。ボディは小さいですが、厚みはあるので、低音も深いです。
近年ルシアーのように音の派手さはありませんが、素晴らしいトーンだと思います。
パット・メセニーのCDでも聴けるあの美しく深いサウンドはこのマンザーギターならではです。オススメ品!!!

その他のBlue-G Corporation出展商品

その他のアコギ/エレアコ出展商品

PAGE TOP