S04 / Shop

Martin000-45 Authentic 1939 (2016)

Blue-G Corporation

000-42 Authentic 1939!!!貴重なギターが中古で入荷しました!
MARTINのカスタムショップが、ミュージアムにある1939年製のOOO-42を完全再現。
ヴィンテージトーンシステムのアディロンダックスプルースと、マダガスカルローズウッドの組み合わせで、ニカワ接着はもちろん、ブレーシングの形状も再現。
オリジナル1939年のヘッド形状、Tバーロッドのマホガニーネックは、ネックシェイプからヒールの細いカーブまで美しく再現しています。
このモデルだけに採用されている裏蓋付きのグローバーのレプリカも見事です。
オリジナルに忠実なピックガードもヴィンテージの雰囲気に近い大きいサイズで、アンダーフィニッシュ仕上げ。
MARTINがヴィンテージを見直し、研究をして作られた最高グレードのOOO-42です!!!!

(スペック)
トップ材は、アディロンダックスプルース。クリーミーな明るい顔。NAMMショーで発表以来、雑誌などで特集され、ブルージーの店頭や、ウェブ上でも、話題のヴィンテージトーンシステムを採用しています。
エイジングトナー無しの、ナチュラルフィニッシュですが、デッドストックのヴィンテージ品のようなレトロな顔をしています!!
ロゼッタや、パーフリングのアバロンインレイは、両サイドをローズウッドの赤いラインが入ったウッドパーフリングで仕上げられ、手の込んだ古き良き時代の雰囲気を見事に再現しています。
1939年の個体から形状を再現したベリーブリッジ、溝無しのブリッジピン、接着されたロングサドルと本格的な仕様で、細部までオールド感あふれます。
サイドバックはマダガスカルローズウッドです。
時代を経て、明るく焼けた風合いのヴィンテージハカランダのようなルックス。バックも黒い縞模様が美しくエキゾチックなマダガスカルローズが使われ、とても魅惑的なルックスです!!
バックのセンターストライプの寄木細工もサイズが太く、古めかしい雰囲気が再現されています!! 
ワンピースのマホガニーネックは、カスタムショップの手作りで、1939年のネックシェイプや細いネックヒールのラインを再現。オリジナルと同じTバーロッド仕様です。スリムなVシェイプで、よく手になじむ最高のマホガニーネックです。
スマートなヘッド形状で、戦前のオリジナル42スタイルのヘッド、ダークなマダガスカルローズのヘッドプレートにMARTINロゴだけのシンプルなルックスです。
ペグは、グローバーのenclosed Grover G-111 tunersの復刻ペグ。1939年から1942年くらいまでの短期間、ヴィンテージに使われていた裏蓋つきの美しいペグで、ヴィンテージパーツとしても入所困難のレアアイテムになっています。MARTINがこのオーセンティックOOO-42の復刻プロジェクトのために、ペグをカスタム製作したということも、このモデルに対する強い熱意が感じられます。
ブラックエボニー指板には戦前のオリジナル42スタイルの5フレット目から始まる、シンプルなスノーフレイクインレイのポジションマークです。
ブレーシングはリアシフトのXスキャロップ。アディロンダックスプルースの美しいスキャロップブレーシングです。
バックのブレーシングもアディロンダックで、3番目、4番目の背の低いかまぼこ型のブレーシングもちゃんと再現されています。
製作レベル、工法、内部の構造と、パーフェクトなクオリティ。ヴィンテージに迫った究極のレプリカです。
ヘッドに擦り傷がありますが、全体的にほとんど使用感のない綺麗なコンディションです。
(サウンド)
ウッディな自然な響きが心地よく、入力にとても軽やかに反応して、圧倒的なボリューム感です。
弦を押したときの、グンと返ってくる、反発力のあるトップの反応。音の芯が丸く、ふっくらとしたトーンで、クリスタルな倍音が重なってきます。
あたたかく、それでいてシャリンときらびやかな音。
楽器が軽く、抱えた感触や、ネックの震え方、箱の響きが、ヴィンテージのデッドミント品に触れるような質感です。
ここまで、ヴィンテージギターに迫る、オーセンティックのクオリティをぜひ堪能してください!
Style-42のAuthenticがこのお値段はとても魅力だと思います!早い者勝ち!!!

その他のBlue-G Corporation出展商品

その他のアコギ/エレアコ出展商品

PAGE TOP