S04 / Shop

MartinD-45GE CTM (2002)

Blue-G Corporation

2002年製のD-45 Custom!GEモデルをベースにした素晴らしいカスタム品です!
使われている材はディック・ボークがセレクトした物で、特別なカスタムギターです!
TOPはプレミアムグレードのアディロンダックスプルース。とても美しい材が使われており、横方向に入る杢が綺麗です。
S/Bはブラジリアンローズウッド。こちらもディック・ボークがセレクトした材が使われ、美しいルックスの材です。
ヘッドの付き板には縦線が入る美しいブラジリアンローズウッドが使われ、アバロン貝の縦ロゴはGE同様細いタイプです。
チューナーはオリジナルのウェーバリーオープンバック。ゴールドカラーで彫刻の入った豪華な仕様です。
ネックはマホガニーで、モディファイドVシェイプ。ナット幅45.1mmと戦前と同じスペックになっています。
指板、ブリッジはエボニー。指板のインレイにはD-45GEと同じスタイルのスノーフレークインレイ。
指板サイドのドットマークはトートイスが使われ、12Fの位置もドットが一つの仕様になっています。
ブリッジは30年代と同じ形状で、ロングサドルの仕様です。
サウンドホール周りはスタイル45の美しいロゼッタ。白い部分にはメイプルが使われ、レギュラーのD-45よりヴィンテージに近く雰囲気の良い仕上がりになっています。
ピックガードは鼈甲に交換されています。
ボディの周りはアイボロイドのバインディング。ボディ全体にアバロン貝のトリムが入り、最高機種に相応しいとても華やかな外観です。
フレットが交換されており、サドルは象牙で交換されています。ナット、ブリッジピン、エンドピンはオリジナルのマンモスアイボリーです。
ヘッドやボディに傷がありますが、その他はとても綺麗なコンディションです。
ブラジリアンらしいクリスタルで奥行き感のあるサウンドで、とてもゴージャスなトーンです。
低音の迫力もとてもありますし、高音域のきめ細かな倍音感や芯のあるサウンドは圧巻の一言です。
ピックで弾くと少し硬質なサウンドで、音抜けが良く、強く弾いても音が潰れることがありません。
逆にフィンガーで弾くとふっくらとしていて綺麗な音の余韻を楽しめます。
元々は楽器店FMGのオーダーのようで、ラベルに店名が記載されています。
ケースはオリジナルではありませんが、カールトンケースが付属しています。
今となってはとても貴重なカスタム品で、D-45GEをお探しの方にもオススメの1本です。

その他のBlue-G Corporation出展商品

その他のアコギ/エレアコ出展商品

PAGE TOP