S04 / Shop

GibsonLG-3 (1942)

Blue-G Corporation

アメリカ買付け品!!!1942年製のLG-3!!!市場にほとんど出回らないとても貴重なギターです!
1942年の8月に発表されたLG-1、LG-2、LG-3ですが、LG-1とLG-3は1942年から43年の2年間に僅かに製作されて生産が中止となっています。
バナーロゴのLGと言えばLG-2が有名ですが、LG-2だけ1942年から45年まで続けて生産されていた為、数は圧倒的に多く、それに比べてこのLG-3はとても生産本数の少ない貴重なギターです。
手元の資料によるとバナーロゴのLG-3は42年に69本、43年に61本の計130本しか存在しません。(ちなみにLG-2は4年間で4185本です)
TOPはスプルース。杢目の詰まったとてもいい材が使われています。ナチュラルフィニッシュの為、経年変化の焼け具合がとても雰囲気良いです。
S/Bはマホガニー。こちらも綺麗な杢目の材で、バックのセンターストリップにはローズウッドが使われています。
ヘッドはギブソンのバナーロゴ。1942-45年まで使われるロゴです。
チューナーは交換されており、1964年以降のJ-45等に使われるクルーソンのダブルラインが付いています。
指板、ブリッジはブラジリンローズウッド。指板のポジションマークはドットインレイです。
ブリッジは交換されており、ショートサドルの仕様に変わっています。
サウンドホール周りのロゼッタは白、黒、白、黒、白、黒、白のコンビネーション。
同じ1942年製のLG-2はファイアーストライプのピックガードですが、LG-3は通常のトートイスカラーです。
一度貼り直しされていますが、ピックガード自体はオリジナルです。
ボディ周りのバインディングはホワイト。塗装が経年変化で焼けており、バインディングの外観は何とも言えないヴィンテージ特有の雰囲気に仕上がっています。
ナット、フレット、ピックガード、ブリッジピン、エンドピンはオリジナル。チューナー、サドル、ブリッジは交換されています。
ボディバックはオーバースプレーがありますが、その他はオリジナルの塗装です。
全体的に小傷はありますが、1942年製と考えればとても綺麗で、ノークラックの個体です。
サウンドはこの頃のLG-2と同じで、低音が図太く、音の跳ね返りがとても良いギターです。
小刻みなリズムにも素早く反応してくれて、太く艶のあるプレーン弦はとても存在感があります。
この年代ならではの太く、カラッとしたトーンが十二分に楽しめると思います。
ラグタイムやブルースはもちろん、歌のバックで使うギターとしてもとても優秀だと思います。
パーツの交換はありますが、全体的なコンディションは良く、良いLG-2をお探しだった方にもオススメです。
とにかくバナーのLG-3は貴重で、コレクターズアイテムだと思います。是非お早めにご検討ください!

その他のBlue-G Corporation出展商品

その他のアコギ/エレアコ出展商品

PAGE TOP